読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MMA TRANS

海外MMA情報翻訳、海外のMMAをわかりやすく日本語で。

ブライアン・スタン×CMパンク インタビューレポート

先日行われたUFCfightNIGHT MAIA vs CONDITのなかでコメンテーターのブライアン・スタンがCMパンクへのショートインタビューを行っていました。

 

ーースタン「パンク、君の大一番まであと2週間に迫った。ドキュメンタリーを観る限り、まだ自分の成長に満足はできていないようだね。現在の自分についてどう感じてる?」

 

パンク「決してハッピーってわけじゃないよ。常に良くなるよう努力はしてるけどね。初めての戦いに必要な武器は揃ってるよ。」

 

スタン「以前はレッスルマニアで多くの観客の前に立っていたけど、MMAを2週間後に控えて不安や緊張は感じるかい?」

 

パンク「ああ、戦うってことに関してナーバスになってるよ。けど観客とかテレビカメラとかスポットライトが自分に影響するとは思ってない。ブーイングとか声援とかもね。戦うことに関してだけ神経質になってるよ。けど人生には付き物だし、やるしかねえって感じだ。」

 

スタン「昨日(パンクの対戦相手の)ミッキー・ガルと話す機会があって、『CMパンクにスターにしてもらうチャンスを与えられた。どんな方法であれ自分はUFCに来て戦えることになった。パンクの時間はすぐに終わるよ。』と話していたよ。」

 

パンク「良いね。そういうのはファンにウケるし。殴り合ってどっちが真の男か競い合う。俺はスターになりたいからじゃなくて、ただやりたいからやってる。スターになることで彼の頭がいっぱいになってるならそれは俺に有利かもね。」

 

スタン「ミッキーの試合を見る機会があったと思うけど、勝つための作戦は?」

 

パンク「プレッシャーをかけることだ。。彼は素早いけど、今までの対戦相手はうまく彼に圧力をかけていなかった。それが僕の作戦だね。」”

 

全体的に落ち着き払ったパンクが印象的でした。余裕の現れか、不安の裏返しか…。

あくまでプロレスラーとしてではなくプロファイターとしてオクタゴンにあがるようですね。

注目のWWEスターのデビューまで残り2週間!!